2018年07月03日

ヒロポンとキャラメル



「巨人と玩具」
58年増村保造監督作品、原作は開高健氏。キャラメルをめぐる製菓会社宣伝部の熾烈な三つどもえの宣伝合戦とその渦中でスターダムにのし上がる素人娘の物語。驚いたことに、この時代、キャンペーンで多忙を極める宣伝課長は脳神経安定剤と覚醒剤をチャンポンで飲んでいる。しかもそれを部下から大声で心配されている。覚醒剤を飲んでるって大声で言っても平気な時代だったんすね。ヒロポンは数年前に禁止されてるはずなので、課長は医療用として合法的に処方され服用してたのかなぁ。すごい時代っすね。







同じカテゴリー(映画備忘録)の記事画像
まさかのディラン!
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
買ってて良かった「13デイズ」
同じカテゴリー(映画備忘録)の記事
 ラストに収束するキュートな伏線 (2018-09-21 00:01)
 エロと食い物はアカン (2018-09-17 16:40)
 大政奉還とええじゃないかとくれば (2018-09-10 00:20)
 てんこ盛りでお腹いっぱい! (2018-09-08 00:36)
 なんすか、コレ。 (2018-09-06 16:00)
 パーマおばちゃんみたいやし。 (2018-09-03 00:06)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。