2018年07月01日

ほのぼの犬映画じゃないある。




「わが家の犬は世界一」
舞台は1995年頃の中国は北京の下町。無登録の飼い犬を没収されたオヤジが、犬を取り戻すために右往左往するっちゅー話で、その中の縦軸横軸で息子とのギクシャクした関係や、奥さんとの仲たがいなどの生活が活写されるっちゅー展開なんすが。中国の庶民の暮らしを知るには興味深い作品です。ほのぼの犬映画と思って観たらエライ目にあいます。






同じカテゴリー(映画備忘録)の記事画像
まさかのディラン!
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
買ってて良かった「13デイズ」
同じカテゴリー(映画備忘録)の記事
 ラストに収束するキュートな伏線 (2018-09-21 00:01)
 エロと食い物はアカン (2018-09-17 16:40)
 大政奉還とええじゃないかとくれば (2018-09-10 00:20)
 てんこ盛りでお腹いっぱい! (2018-09-08 00:36)
 なんすか、コレ。 (2018-09-06 16:00)
 パーマおばちゃんみたいやし。 (2018-09-03 00:06)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。