2018年06月29日

タランティーノ&日活アクション



「4人の女」
08年メキシコ。ストーリーも雰囲気も音楽もいいのです。タランティーノっぽい匂いで始まりながら、ラストは70年代日活アクション映画かATGっぽい感じ。時系列がカクカクしてる感じですが、これがいいっていう人も。なんたってスペイン映画作家協会賞最優秀主演女優賞とスペイン・アカデミー賞最優秀撮影賞受賞作品です。





同じカテゴリー(映画備忘録)の記事画像
まさかのディラン!
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
買ってて良かった「13デイズ」
同じカテゴリー(映画備忘録)の記事
 ラストに収束するキュートな伏線 (2018-09-21 00:01)
 エロと食い物はアカン (2018-09-17 16:40)
 大政奉還とええじゃないかとくれば (2018-09-10 00:20)
 てんこ盛りでお腹いっぱい! (2018-09-08 00:36)
 なんすか、コレ。 (2018-09-06 16:00)
 パーマおばちゃんみたいやし。 (2018-09-03 00:06)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。