2018年06月22日

フランコ・ネロとジャン・ギャバンと松田優作と



「拳銃(コルト)は俺のパスポート」
67年作。オープニング、エンディングの音楽からしてまさにマカロニウエスタン。それも、フランコ・ネロ作品の匂い。さらに、モノクロで、舞台が長距離トラックが溜まる田舎のモーテル&食堂とくれば55年フランス作品、ジャン・ギャバンの「ヘッドライト」の香りも。そして、ラストシーン。撃ちあいの末に、マグネット仕掛けのダイナマイトでベンツを吹き飛ばすアイデアって、この頃からあったのがすごい、かっこいい。炎上する車の炎の奥から陽炎のように立ち上がる宍戸錠さんの姿が松田優作さんにも見えてくるのだ。まさに原点かも。ちなみにマカロニウエスタンだと思った時点で、オープニングの背景の絵柄をじっくり眺めてると、西部劇のごとく、馬の大群が砂塵をまきあげ疾走する姿に見えてくるのだった。(150417)







同じカテゴリー(映画備忘録)の記事画像
まさかのディラン!
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
買ってて良かった「13デイズ」
同じカテゴリー(映画備忘録)の記事
 ラストに収束するキュートな伏線 (2018-09-21 00:01)
 エロと食い物はアカン (2018-09-17 16:40)
 大政奉還とええじゃないかとくれば (2018-09-10 00:20)
 てんこ盛りでお腹いっぱい! (2018-09-08 00:36)
 なんすか、コレ。 (2018-09-06 16:00)
 パーマおばちゃんみたいやし。 (2018-09-03 00:06)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。