2018年06月16日

パブロフの犬の映画です



「私の男」
パブロフ犬のごとく、ドヴォルザークの「新世界より」、「家路」が聞こえてくると、切なくて寂しい気持ちが沸き起こるように身体に染み付いてるからなぁ。だから、条件反射の映画です(笑)見終わって、坂本監督の「北のカナリアたち」が頭をよぎった、雪つながりで。(150207)








同じカテゴリー(映画備忘録)の記事画像
まさかのディラン!
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
買ってて良かった「13デイズ」
同じカテゴリー(映画備忘録)の記事
 ラストに収束するキュートな伏線 (2018-09-21 00:01)
 エロと食い物はアカン (2018-09-17 16:40)
 大政奉還とええじゃないかとくれば (2018-09-10 00:20)
 てんこ盛りでお腹いっぱい! (2018-09-08 00:36)
 なんすか、コレ。 (2018-09-06 16:00)
 パーマおばちゃんみたいやし。 (2018-09-03 00:06)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。