2018年06月14日

コメディじゃないっす。



「ラースと、その彼女」
心あったまるコメディかと思ってたらこれがなんとシリアスありのヒューマンファンタジーでした。テイストはヘレン・ミレンの名作「カレンダー・ガールズ」に近い?かも(そうかな?)ま、「カレンダー・ガールズ」は実話なヒューマンドラマですけど。で、「ラースと、その彼女」。ストーリーはめっちゃ気弱でピュアな青年が妄想の恋におちたのがネットで買った等身大のリアルドールでいろいろあって、ラストは自分の心の奥の奥とケリをつけるっちゅー話ですが。個人的に秀逸だったシーンは、ロープを巻かれて殺されたテディベアを心臓マッサージして人工呼吸して蘇生させるシーンがけっこう新鮮でキュートでした。これは発見だわ(笑)とゆーわけで、夏に観るより断然に寒い季節にピッタリの作品です。興味を持った人はぜひぜひ。観て損はないっす♪んで、「カレンダー・ガールズ」はめっちゃお薦め!ぜひ観てください!(091130)





同じカテゴリー(映画備忘録)の記事画像
まさかのディラン!
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
買ってて良かった「13デイズ」
同じカテゴリー(映画備忘録)の記事
 女子4人のダーク&グレイ (2018-06-19 16:48)
 熱望!テレビドラマ化 (2018-06-18 16:05)
 作家はお約束通りスランプに陥っている (2018-06-17 16:29)
 パブロフの犬の映画です (2018-06-16 16:26)
 渋いおっさんスター共演 (2018-06-15 16:21)
 なぜ、マリス? (2018-06-13 16:10)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。