2018年06月09日

科学者のケリのつけかた、あるいはリベンジ



「9(ナイン)9番目の奇妙な人形」
10年日本公開。自らの人工知能の発明を悪用され、人類を滅亡させてしまった科学者の、分身と言えるそれぞれ異なる能力を備えた9体の人形(サイボーグ009みたいだな)に込めたケリのつけかた、あるいはリベンジ、そして創世の物語。麻袋のような生地のボディの人形が可愛い。もともとは短編の学生フィルムだった作品をティム・バートンが認め、長編映画化をバックアップしたそうな。11分の短編が見てみたい。しかし、彼らの動力源は何だ?(180606)






同じカテゴリー(映画備忘録)の記事画像
まさかのディラン!
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
買ってて良かった「13デイズ」
同じカテゴリー(映画備忘録)の記事
 あ、そうか、ゾンビとかゴジラとか。 (2019-01-17 15:07)
 ロシアで懐かしいiMacとeMacに会うなんて! (2019-01-15 16:15)
 ポージングが若干ムリっぽい (2019-01-14 00:25)
 薄暗い部屋にポッと火の点。流れる煙草の煙。かっこいい。 (2019-01-06 00:27)
 BGMなしが心地よい。 (2018-12-29 16:35)
 オープニングで心つかまれて。 (2018-12-26 17:06)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。