2018年06月02日

幻に終わった細田監督の「ハウルの動く城」も観てみたかった



「時をかける少女(アニメ)」
いや〜、良かった。2度観たけどやっぱ後半クライマックスから泣けるな〜、不覚にも。「帰らなきゃいけなかったのに、いつのまにか夏になった。おまえらと一緒にいるのがあんまり楽しくてさ」。青春っすね。初代ヒロインの芳山和子もこの作品では、真琴から魔女おばさんと呼ばれる30代の女性になって、かつてのタイムリープの思い出をポツリと語るのもなかなかの趣。ちなみに声優陣もこのキャストで実写にしてもええやんっちゅー役者陣でした。(070625)





同じカテゴリー(映画備忘録)の記事画像
まさかのディラン!
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
買ってて良かった「13デイズ」
同じカテゴリー(映画備忘録)の記事
 女子4人のダーク&グレイ (2018-06-19 16:48)
 熱望!テレビドラマ化 (2018-06-18 16:05)
 作家はお約束通りスランプに陥っている (2018-06-17 16:29)
 パブロフの犬の映画です (2018-06-16 16:26)
 渋いおっさんスター共演 (2018-06-15 16:21)
 コメディじゃないっす。 (2018-06-14 16:52)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。