2018年05月18日

まったく知らなかっただけに新鮮



「ワルキューレ」
映画を観たあとに、ネットでシュタウフェンベルクを検索してウィキペディアを読むと、お〜、なるほど、映画どーりのことが書かれてた。めっちゃ史実に忠実に作られた映画みたいです。トム・クルーズの姿もどことなくシュタウフェンベルクと似てたりします(って似せてるのか)。しかし、ヒトラーの暗殺計画ってけっこうな数があったんですね。ユダヤ人虐殺のクリスタルナハト以来、その反感と憎悪は膨らんだような。まったく知らんかっただけに、新鮮でした。(100201)






同じカテゴリー(映画備忘録)の記事画像
まさかのディラン!
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
マカロニとメカニック「拳銃(コルト)は俺のパスポート」
同じカテゴリー(映画備忘録)の記事
 ヴァネッサの貫禄 (2018-05-21 00:36)
 アメリカはでかい (2018-05-19 22:40)
 それはマトリックスの… (2018-05-19 00:33)
 歌姫ヘイリー・ベネットもよろしく (2018-05-17 00:17)
 瀬々敬久監督初体験 (2018-05-16 00:20)
 哀しい愛の物語 (2018-05-14 23:32)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。