2018年05月13日

井筒監督と李プロデューサーと阪本順治監督の映画解説もぜひ



「パッチギ!」
井筒監督、やっと「ガキ帝国」のエネルギーが蘇った〜。拍手です。舞台は1968年の京都。これは決して社会派ではありまへん。良質のエンタテインメントです。まさに映画です。ヒロインを演じる沢尻エリカさん、めっちゃ可愛いっちゅーねん。ぜひぜひ本編を楽しんだあとには、井筒監督と李プロデューサーと阪本順治監督が映画の解説をする第二音声で観てほしい。これがめっちゃ面白いんです。なんせ監督も当時は18歳くらいですから、映画の登場人物と同世代だったわけで。めっちゃリアル。そん時は、セリフを字幕に設定することもお忘れなく。映画を2倍楽しめます。(0510いつか)







同じカテゴリー(映画備忘録)の記事画像
まさかのディラン!
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
買ってて良かった「13デイズ」
同じカテゴリー(映画備忘録)の記事
 時に辛抱も大事っす。 (2018-08-13 01:23)
 日常のギャップを楽しむ (2018-08-12 01:41)
 そこまで伏線張りますか。 (2018-08-11 08:56)
 画面に釘付け。 (2018-08-10 16:29)
 麻生さんと川栄さん (2018-08-09 17:45)
 アイデアとカリスマ (2018-08-08 14:49)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。