2018年05月12日

ロケ場所がクイールが実際に歩いた京都なのです



「クイール」
ロケ場所がクイールが実際に歩いた京都(亀岡)なんで、地元の人がクイールを覚えてて快く撮影に協力してくれたと、公開前にテレビで放映されたクイール特番で知りました。で、感想は。良かったけど、やっぱりクイールの一生を100分に凝縮するのは崔監督でも難しかったのかな〜。号泣はしたけど(笑)訓練中のワンシーン。訓練所所長の椎名桔平がいつまでも「待て」をしていたクイールへかけた一言、「おまえはそんな奴だったのかぁ」が心に残りました。(05年いつか)







同じカテゴリー(映画備忘録)の記事画像
まさかのディラン!
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
マカロニとメカニック「拳銃(コルト)は俺のパスポート」
同じカテゴリー(映画備忘録)の記事
 ヴァネッサの貫禄 (2018-05-21 00:36)
 アメリカはでかい (2018-05-19 22:40)
 それはマトリックスの… (2018-05-19 00:33)
 まったく知らなかっただけに新鮮 (2018-05-18 00:03)
 歌姫ヘイリー・ベネットもよろしく (2018-05-17 00:17)
 瀬々敬久監督初体験 (2018-05-16 00:20)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。