2018年05月11日

デジタル技術のたまもの



「DOCUMENTARY of AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 」
正式タイトルは「DOCUMENTARY of AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?」(13年)。ユーチューブが見られる環境を整えていなければ(ヘナチョコiBook時代はまともに見られなかったのだ)AKBにこんなに詳しくはなってなかったにちがいないと思う今日この頃(笑)とわいえ、このドキュメンタリーシリーズもさすがに新鮮味はなくなってきたけど、これができるのはなにはともあれデジタル技術の進化のたまもの。フィルムでこれだけの映像資料をストックし選択し構成するとなればどれほどの人力と資金と時間が必要か。と言っても、僕がデジタル礼賛派でフィルム否定派っちゅーわけじゃないっすが。(140616)







同じカテゴリー(映画備忘録)の記事画像
まさかのディラン!
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
マカロニとメカニック「拳銃(コルト)は俺のパスポート」
同じカテゴリー(映画備忘録)の記事
 ヴァネッサの貫禄 (2018-05-21 00:36)
 アメリカはでかい (2018-05-19 22:40)
 それはマトリックスの… (2018-05-19 00:33)
 まったく知らなかっただけに新鮮 (2018-05-18 00:03)
 歌姫ヘイリー・ベネットもよろしく (2018-05-17 00:17)
 瀬々敬久監督初体験 (2018-05-16 00:20)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。