2018年05月09日

親子愛か恋愛か



「宇宙戦争」
ま、あんなもん埋まってりゃ見つかるやろ〜とか、大阪が最初に倒したっちゅーのはどないやねんとか、いろいろツッコミドコロはあるでしょが、やっぱダコタ・ファニングがトム・クルーズを食っちゃったな〜。で、スピルバーグ&トムの「宇宙戦争」は親子愛が軸ですが、1953年版「宇宙戦争」はオトコマエ博士と美人教師(おじさんは牧師)の恋愛が軸でした。ストーリーのエピソードはほぼ同じです。(06年いつか)





同じカテゴリー(映画備忘録)の記事画像
まさかのディラン!
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
買ってて良かった「13デイズ」
同じカテゴリー(映画備忘録)の記事
 蘇る花火戦争 (2018-10-23 15:36)
 ツカミはOK。 (2018-10-18 14:20)
 エンドロール三度見びっくり (2018-10-17 14:59)
 アメリカンスタンダード? (2018-10-15 15:41)
 自分は誰だろう。 (2018-10-13 17:33)
 あ、そこからの仕掛けかぁ。 (2018-10-12 15:10)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。