2018年05月06日

幻想的なラストは何を語る



「夜よ、こんにちは」
イタリア最大の事件と呼ばれる、1978年に起こった極左武装集団「赤い旅団」によるキリスト教民主党のモロ元首相誘拐殺人事件を、「赤い旅団」のメンバーである女性の視点から描いた作品。自分達の活動が労働者や学生の支持を得られないというジレンマの中で、「なぜ?」をくり返し揺れる心。アジトでのモロとの接見の中で、自分を問いなおすヒロイン。緊迫したシーンの中で、ヒロインが思い描いた幻想的なラストは何を語るのだろう。ぜひ!(070615)



ミラーグッドマン プレイシェイプス/74ピースのカラフルなブロックで色んなものが作れます


同じカテゴリー(映画備忘録)の記事画像
まさかのディラン!
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
マカロニとメカニック「拳銃(コルト)は俺のパスポート」
同じカテゴリー(映画備忘録)の記事
 ヴァネッサの貫禄 (2018-05-21 00:36)
 アメリカはでかい (2018-05-19 22:40)
 それはマトリックスの… (2018-05-19 00:33)
 まったく知らなかっただけに新鮮 (2018-05-18 00:03)
 歌姫ヘイリー・ベネットもよろしく (2018-05-17 00:17)
 瀬々敬久監督初体験 (2018-05-16 00:20)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。