2018年04月05日

「海洋ファンタジー・スリラー」はキャッチコピーだけ



「ミッシング」
ツイ・ハーク監督・脚本、08年香港映画。オープニングから前半くらいまではけっこう面白くなる期待感をもたせてくれる展開でしたが。オープニングの、海面や岸壁にキャスト、スタッフの名前がクレジットされるアイデアもなかなか好みで、本編への興味をグッと盛り上げるし。しかし、中盤、少女が沈んだ話から僕の期待とは別の方向に話が流れ、嫌な予感に流されるままにつまんなくなり、さらにもうひと転びふた転びで最初のワクワクはどこへやら〜。どこにでもある大ドンデン返し話になっちゃったよ。近作では「王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件」が面白かったツイ・ハークで期待したんすけどねぇ。解説では与那国島の海底遺跡のシーンが魅力のひとつとか書いてますが、「海洋ファンタジー・スリラー」はキャッチコピーだけで内容はあんまりそうじゃないっす。(151102)



日本最西端与那国島の泡盛「よなぐに」 オリジナルボトル【30度】


同じカテゴリー(映画備忘録)の記事画像
まさかのディラン!
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
買ってて良かった「13デイズ」
同じカテゴリー(映画備忘録)の記事
 ええ、そうでしょうとも。 (2018-12-12 23:38)
 始まりはモトクロスでラストはシェーン (2018-12-11 16:33)
 10余年はやはり昔であった。 (2018-12-07 15:43)
 まさかまさかのラストにゾクゾクゾワゾワ。 (2018-11-27 16:06)
 マルコム・マクダウェルだ〜! (2018-11-18 15:20)
 変態三重奏 (2018-11-17 14:56)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。