2018年03月23日

見ておいて損はないのです。



「黒い十人の女」
61年公開。解説が「クール&モダン!フィルムノワールの美学! 妻がいるのに9人もの愛人をもつテレビ・プロデューサー。たまりかねた妻と愛人たちは共謀して男の殺害を企てる。グラフィカルな構図、光と闇のコントラストが印象的なモダニスト市川崑の真骨頂。」と大絶賛するほどの衝撃はボクにはなかったですが、当時の風俗を知るだけでも古い名作は楽しいのです。もちろん俳優さんも主役脇役みんな上手いし。しっかりと映画を堪能できるし。見ておいて損はないのです。(160110)



モノトーンネオアート/花


同じカテゴリー(映画備忘録)の記事画像
まさかのディラン!
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
買ってて良かった「13デイズ」
同じカテゴリー(映画備忘録)の記事
 裸女とワニって。 (2018-09-25 08:41)
 びっくり三連発。 (2018-09-22 16:30)
 ラストに収束するキュートな伏線 (2018-09-21 00:01)
 エロと食い物はアカン (2018-09-17 16:40)
 大政奉還とええじゃないかとくれば (2018-09-10 00:20)
 てんこ盛りでお腹いっぱい! (2018-09-08 00:36)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。