2018年03月15日

男子高校生はいつもアホだった。



「色即ぜねれいしょん」
男子高校生はいつの時代もピュアにアホだ(笑)と笑っていられたのは、いつの時代まででせう。少なくとも今は若干違うように思われるけど(寂)ま、それはそれとして世代でアホ比較するなら、こんな映画が思い浮かびます♪65年は香川を舞台に芦原すなお氏の「青春デンデケデケデケ」、68年は京都を舞台に井筒和幸監督の「パッチギ!」、74年は京都を舞台にみうらじゅん氏の「色即ぜねれいしょん」、86年は東京を舞台に大槻ケンヂ氏の「グミ・チョコレート・パイン」。まとめて観たら、アホさ加減の違いも時代背景とかに影響されててオモシロイかもっすよ。しかし、どの作品も音楽、楽器がらみですな。♪僕の青春は恋と歌の旅〜って拓郎も歌ってましたな(遠い目 合掌)(100419)



ギター/ベース用スタンド 5本用 分解可能な便利マルチスタンド


同じカテゴリー(映画備忘録)の記事画像
まさかのディラン!
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
買ってて良かった「13デイズ」
同じカテゴリー(映画備忘録)の記事
 びっくり三連発。 (2018-09-22 16:30)
 ラストに収束するキュートな伏線 (2018-09-21 00:01)
 エロと食い物はアカン (2018-09-17 16:40)
 大政奉還とええじゃないかとくれば (2018-09-10 00:20)
 てんこ盛りでお腹いっぱい! (2018-09-08 00:36)
 なんすか、コレ。 (2018-09-06 16:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。