2018年03月13日

原作のお祖末さは演出と演技力でカバー。



「悪夢のエレベーター」
09年6月に原作を読んだ感想では「笑いと恐怖に満ちた傑作コメディサスペンスと紹介されてるけど、笑いもそこそこで、恐怖はまったくなしで、おまけに傑作でもなかったですやん(苦笑)。意外な黒幕も、手あかがついた唐突なご都合主義やし、こんなん過去に山ほどありましたわぁ〜な感想です。大阪弁ならなんでもオモロイと思たら大マチガイやで〜。これなら、『メフィスト賞』第三回受賞作でありながら、発刊当時は惨澹たる批評を浴びた蘇部健一氏の「六枚のとんかつ」のほうがめっちゃ評価できるっちゅーもんです。」と書いてた。映画はそれほどぼろかすにいうほどの不出来ではなかったけど(って原作の話はすでにすっかり忘れてましたけど 笑)、これは演出と役者さんのおかげっすかね。原作もこんなオチやったっけ?しかし、佐津川愛美さんはええ女優さんやと思いますがなかなかきませんねぇ。そのへん、大後寿々花さんも似た境遇かも。ま、そんなこと気にしない役者さんかもしれませんが。惜しいな〜。(131223)



壁面設置ドーム型ダミーカメラ


同じカテゴリー(映画備忘録)の記事画像
まさかのディラン!
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
買ってて良かった「13デイズ」
同じカテゴリー(映画備忘録)の記事
 時に辛抱も大事っす。 (2018-08-13 01:23)
 日常のギャップを楽しむ (2018-08-12 01:41)
 そこまで伏線張りますか。 (2018-08-11 08:56)
 画面に釘付け。 (2018-08-10 16:29)
 麻生さんと川栄さん (2018-08-09 17:45)
 アイデアとカリスマ (2018-08-08 14:49)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。