2018年03月10日

半世紀前の車を見るのもいいっす。



「牝猫と現金」
68年公開。日本ではビデオ化もDVD化もされていないそうです。なのでミレーユ・ダルクCDアルバムを。ミレーユ・ダルクの映画を初めて通して見た〜!ロートネル監督&ミレーユ・ダルクの人気絶頂期のアクションコメディだそうですが、ミレーユ・ダルクってプードル(伝統のプードルカットのね)みたいな顔してるな〜とか。ちょっと期待とちゃいましたなぁ(笑)しかし、全裸サービスショットもあるんでお楽しみ。お話はなんだかユルくてハンパな展開で、秀逸なコメディでもなし、なんかいろんなもんのゴッタ煮ってな感じ。笑いのポイントは3時間ごとにミルクの時間を知らせる目覚まし時計ってのもあまり効果が響かず(僕には)。田舎の田園風景は美しいっすけど。あ、車に詳しくないけど、今となっては半世紀前となる車を見るのもいいっす。(151025)



プードルミニ3ケセット備長炭の置物


同じカテゴリー(映画備忘録)の記事画像
まさかのディラン!
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
買ってて良かった「13デイズ」
同じカテゴリー(映画備忘録)の記事
 女子4人のダーク&グレイ (2018-06-19 16:48)
 熱望!テレビドラマ化 (2018-06-18 16:05)
 作家はお約束通りスランプに陥っている (2018-06-17 16:29)
 パブロフの犬の映画です (2018-06-16 16:26)
 渋いおっさんスター共演 (2018-06-15 16:21)
 コメディじゃないっす。 (2018-06-14 16:52)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。