2018年03月07日

どっちつかずでセンス不足



「ドッグショー」
シーズー、なんとかテリア、なんとかハウンドなど犬多数。あ〜、がっかり。徹底的にバカでもなく、かといって人間ドラマとしての深みもだせず、台詞もきれず、どっちつかずでつまんなかったすよ。ちょい期待したのに。監督と脚本の両方の力不足っちゅうかセンス不足だな、こりゃ。一つだけ面白かったのは、優勝したテリアがカメラに撮られるときのストップショットのカメラ目線だけ。犬に関わるオタッキーな台詞のキレがまったくなくて、制作スタッフの誰ひとりとして犬がめっちゃ好きな人も犬やショーに関わる人に関心を寄せる人もおらんかったんやろなぁ。それが不幸や。(2002年のいつか)



備長炭パグ (40cm )


備長炭ダックスフント


同じカテゴリー(映画備忘録)の記事画像
まさかのディラン!
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
買ってて良かった「13デイズ」
同じカテゴリー(映画備忘録)の記事
 女子4人のダーク&グレイ (2018-06-19 16:48)
 熱望!テレビドラマ化 (2018-06-18 16:05)
 作家はお約束通りスランプに陥っている (2018-06-17 16:29)
 パブロフの犬の映画です (2018-06-16 16:26)
 渋いおっさんスター共演 (2018-06-15 16:21)
 コメディじゃないっす。 (2018-06-14 16:52)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。