2018年02月25日

粉飾ベタです。



「ザ・ウォッチャー」
2000年アメリカ映画。キアヌ・リーブス、ジェームズ・スペイダー、マリサ・トメイの役者陣とオープニングの映像で若干期待値も上がったけど、これがなんちゅーか、簡単な話なのに余計な映像演出がややこしくしてる。よくあるストーリーと良くない演出。それぞれの人物描写や背景も深堀りできてないんで、物語がアッサーです。これはすべて脚本も手がけてるジョー・シャーバニック監督の責任ですなぁ(合掌)後半、「ファイトクラブ」的な、「アイデンティティー」的な、サイコスリラー的な展開も推測したけど、結局ベタなストーキング・スリラーで完って、これじゃ映画の面白さが一巻の終わりじゃん(笑)(180219)



熱帯魚のベタ柄IQOS専用ケース(これ一つで全部を収納)


同じカテゴリー(映画備忘録)の記事画像
まさかのディラン!
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
買ってて良かった「13デイズ」
同じカテゴリー(映画備忘録)の記事
 ええ、そうでしょうとも。 (2018-12-12 23:38)
 始まりはモトクロスでラストはシェーン (2018-12-11 16:33)
 10余年はやはり昔であった。 (2018-12-07 15:43)
 まさかまさかのラストにゾクゾクゾワゾワ。 (2018-11-27 16:06)
 マルコム・マクダウェルだ〜! (2018-11-18 15:20)
 変態三重奏 (2018-11-17 14:56)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。