2018年02月22日

もうちょっと感が出来不出来にでかいんすよね。



「ラストヒットマン」
そうですな〜、あのラストシーンから組立てると職業をスナイパーにするのが映画的には簡単でドラマチックで感情移入もしやすい、という感じ、かな?でも、結論的にはエピソードのそれぞれの設定がけっこういいのに映画としては描写不足で未消化で決して成功してるとはいえない。これはなんでかな〜。解説では正統派ハードボイルドといってるけど決してハードボイルドでもないし(苦)雰囲気はあるけど、中途半端なのです。もうちょっとやってんけどな〜。このもうちょっと感が出来不出来にでかいんすよね。(130412)



ターゲットマークTシャツ



同じカテゴリー(映画備忘録)の記事画像
まさかのディラン!
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
買ってて良かった「13デイズ」
同じカテゴリー(映画備忘録)の記事
 女子4人のダーク&グレイ (2018-06-19 16:48)
 熱望!テレビドラマ化 (2018-06-18 16:05)
 作家はお約束通りスランプに陥っている (2018-06-17 16:29)
 パブロフの犬の映画です (2018-06-16 16:26)
 渋いおっさんスター共演 (2018-06-15 16:21)
 コメディじゃないっす。 (2018-06-14 16:52)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。