2018年02月21日

リリーを探せ。



「容疑者Xの献身」
ドラマではお約束だったセリフも、数式をダダダ〜〜と書きなぐるシーンもなく、ひたすら、本格的な映画らしくしよ〜としてた作品でした。でも、そのわりに、ストーリーが〜。天才数学者の設定があんまし関係なかったような。ま、恋物語なんで、直接に関係してなくてもええってなもんですけど。この話も原作にあるのでしょうか。それとも映画オリジナル?ところで、リリー・フランキーさんってどこに出てたっけ?早送りで探してみたけど、わかりませんでした。ちなみに東野圭吾作品は読んだことがないっす。(091027)



Genius is/この世にメッセージを残した1枚


フラスコ テーブルライト&ランプ


同じカテゴリー(映画備忘録)の記事画像
まさかのディラン!
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
買ってて良かった「13デイズ」
同じカテゴリー(映画備忘録)の記事
 ええ、そうでしょうとも。 (2018-12-12 23:38)
 始まりはモトクロスでラストはシェーン (2018-12-11 16:33)
 10余年はやはり昔であった。 (2018-12-07 15:43)
 まさかまさかのラストにゾクゾクゾワゾワ。 (2018-11-27 16:06)
 マルコム・マクダウェルだ〜! (2018-11-18 15:20)
 変態三重奏 (2018-11-17 14:56)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。