2018年02月19日

沁みる。



「ブラック・スネーク・モーン」
お話はよくあるストーリーなんですが。これに、鎖につながれた半裸の若い女と初老の黒人男とゆー設定が加わるとタダごとではなくなる。さらに、タダごとでない設定をブルースで包み込むと、もう目が離せない。久しぶりに観たサミュエル・L・ジャクソンとクリスティナ・リッチ。ジャクソンは完全に南部のブルースマンと化してたし、クリスティナ・リッチのえらい変わりようにはびっくり。タイトル「BLACK SNAKE MOAN」は、サミュエル・L・ジャクソンが劇中の嵐の夜に歌うブルースのタイトルで「黒蛇のうめき」。黒蛇とは不安や災いのメタファで、黒蛇が自分にまとわりつくさまを歌う。サミュエル・L・ジャクソン扮するブルースマンがラスト近くでクリスティナ・リッチに贈る言葉、「勇気をかき集め、君の人生を生きるんだ」は心に染みるなぁ。(080331)



黒ゴマチーズケーキと半生クリームチーズケーキのセット


同じカテゴリー(映画備忘録)の記事画像
まさかのディラン!
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
買ってて良かった「13デイズ」
同じカテゴリー(映画備忘録)の記事
 ええ、そうでしょうとも。 (2018-12-12 23:38)
 始まりはモトクロスでラストはシェーン (2018-12-11 16:33)
 10余年はやはり昔であった。 (2018-12-07 15:43)
 まさかまさかのラストにゾクゾクゾワゾワ。 (2018-11-27 16:06)
 マルコム・マクダウェルだ〜! (2018-11-18 15:20)
 変態三重奏 (2018-11-17 14:56)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。