2018年02月15日

エマニュエル・ベアール、深いの、浅いの?



「かげろう」
楽天の解説を引用すると「ドイツ軍が進攻するパリを逃れ、2人の子供と南へ向かうオディール。突如現れた不思議な青年に導かれて深い森に入ると、そこには時間の止まった屋敷があった……。極限状況下での官能を描く。」というストーリーですが、どうも浅い。テーマ的にはもっと深くできるのに、なぜだか浅い。このへんがどうも食い足らんっちゅーかなんちゅーか。エマニュエル・ベアールはじめ役者陣は上手いし、演出もけっこう良かったのに、惜しいです。エマニュエル・ベアールの作品はまったく観てないも同然ですが、去年観たフランソワ・オゾン監督の「8人の女たち」の演技はめちゃ弾けて面白かった、良質のフランス映画らしいサスペンスでした。ぜひぜひご覧あれ。(090605)



かげろう 紀州銘菓 第26回全国菓子大博覧会厚生労働大臣賞受賞


同じカテゴリー(映画備忘録)の記事画像
まさかのディラン!
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
マカロニとメカニック「拳銃(コルト)は俺のパスポート」
同じカテゴリー(映画備忘録)の記事
 ヴァネッサの貫禄 (2018-05-21 00:36)
 アメリカはでかい (2018-05-19 22:40)
 それはマトリックスの… (2018-05-19 00:33)
 まったく知らなかっただけに新鮮 (2018-05-18 00:03)
 歌姫ヘイリー・ベネットもよろしく (2018-05-17 00:17)
 瀬々敬久監督初体験 (2018-05-16 00:20)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。