2018年02月14日

いろいろとお腹いっぱい



「俺たちに明日はないッス」
けっこう期待したのに、なんだか、70年代のATG青春映画の亡霊を見せられたような(笑)そんなん、今に通用するのか?出演者も演技派とか個性派とか言われるに違いないんでしょうけどそれも聞き飽きたような感があふれる作品でした。演出もちょっと作り込み感がありすぎてお腹いっぱいですやん、とか(笑)だからエンディング、銀杏ボーイズの「17才」も、なんだかな〜やったなぁ。ツッコミどころ満載で、ツライっす。(100703)



蒟蒻しゃぼん(ぎんなん 桜 ほおずき 竹炭)


同じカテゴリー(映画備忘録)の記事画像
まさかのディラン!
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
マカロニとメカニック「拳銃(コルト)は俺のパスポート」
同じカテゴリー(映画備忘録)の記事
 熱望!テレビドラマ化 (2018-06-18 16:05)
 作家はお約束通りスランプに陥っている (2018-06-17 16:29)
 パブロフの犬の映画です (2018-06-16 16:26)
 渋いおっさんスター共演 (2018-06-15 16:21)
 コメディじゃないっす。 (2018-06-14 16:52)
 なぜ、マリス? (2018-06-13 16:10)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。