2018年02月11日

前田敦子、あなどれません。



「もらとりあむタマ子」
面白い!前田敦子さんを魅力的に撮れるのは山下敦弘監督だけだと前から確信してたけど、やっぱそれで正解!もともとは映画じゃなくどこかの企業のPR映像企画の短編だったらしいっすけど、季節を足して映画になったそうな。それでも80分くらいでしたけどね(笑)しかし、これが、頑張りに頑張ったわりに「映画じゃない」とすでに感想を書いてしまった「ガリレオ 真夏の方程式」に比べて、なにもかもがめっちゃ映画なのさ〜、さすが山下監督。ラストのタマ子の「自然消滅、久々聞いたわ」のつぶやき、独り言、めっちゃ笑った、気持ちよい空気感。そして星野源さんの「季節」(エンディングで流れます)もいい曲です。タマ子のお父さん、最初、えっ、役づくりに若作りした尾藤イサオさん?と思ったけど違いました、康すおんさんという役者さんでした、知らなかった、いい味だしてます。しかし、前田敦子さん、やっぱあなどれませんぜ。ぜひぜひ、お薦めです!(140627)



大声で鳴くニワトリ



同じカテゴリー(映画備忘録)の記事画像
まさかのディラン!
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
マカロニとメカニック「拳銃(コルト)は俺のパスポート」
同じカテゴリー(映画備忘録)の記事
 熱望!テレビドラマ化 (2018-06-18 16:05)
 作家はお約束通りスランプに陥っている (2018-06-17 16:29)
 パブロフの犬の映画です (2018-06-16 16:26)
 渋いおっさんスター共演 (2018-06-15 16:21)
 コメディじゃないっす。 (2018-06-14 16:52)
 なぜ、マリス? (2018-06-13 16:10)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。