2018年02月05日

そんなに迷でもなかった



「エド・ウッドの牢獄の罠」
54年アメリカ作品。一時期、迷監督として話題になったエド・ウッドによるギャングサスペンス。エド・ウッド初体験です。オチは簡単にわかる作品ですが、そんなに迷でもなかったような。顔面丸出しで強盗をするチンピラをはじめ登場人物の思考がみんな変ですけどね(笑)にしても、車は詳しくないけど映画に登場する車が良かったです。でかいのやらスマートなのやら可愛いのやらやら♪(140304)



バーコードに紛れる囚人 Tシャツ


PUNK DRUNKERS囚人シャツ


同じカテゴリー(映画備忘録)の記事画像
まさかのディラン!
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
マカロニとメカニック「拳銃(コルト)は俺のパスポート」
同じカテゴリー(映画備忘録)の記事
 ヴァネッサの貫禄 (2018-05-21 00:36)
 アメリカはでかい (2018-05-19 22:40)
 それはマトリックスの… (2018-05-19 00:33)
 まったく知らなかっただけに新鮮 (2018-05-18 00:03)
 歌姫ヘイリー・ベネットもよろしく (2018-05-17 00:17)
 瀬々敬久監督初体験 (2018-05-16 00:20)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。