2018年02月03日

すべては解決済みだった



「ヤバい経済学」
10年アメリカ作品。思うに、タイトル、悪くないっすか?ま、それはさておき。見てるときはナルホドなとかうなづいてたけど終わったらすぐに忘れた(笑)興味深いネタやったけど大して面白くなかったな〜。やっぱアメリカ人とちゃうからね(笑)内容を楽天ブックの情報解説から引用しとくと「世界的ベストセラー“ヤバ経"映画化!目からウロコのエンタメ経済ムービー/人間の行動パターンにひそむ<インセンティブ>の秘密を面白く、やさしく解説。人生にちょっと役立つ“目からウロコ"の新常識、あなたもきっと、誰かに教えたくなる!」です。ま、目からウロコは言い過ぎですけど(笑)そして、すべては今は亡きサイキック青年団(わかる人だけ)で解決済みなのでした〜。(140315)



北野誠×竹内義和 “濃い口”トークラジオ


同じカテゴリー(映画備忘録)の記事画像
まさかのディラン!
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
マカロニとメカニック「拳銃(コルト)は俺のパスポート」
同じカテゴリー(映画備忘録)の記事
 ヴァネッサの貫禄 (2018-05-21 00:36)
 アメリカはでかい (2018-05-19 22:40)
 それはマトリックスの… (2018-05-19 00:33)
 まったく知らなかっただけに新鮮 (2018-05-18 00:03)
 歌姫ヘイリー・ベネットもよろしく (2018-05-17 00:17)
 瀬々敬久監督初体験 (2018-05-16 00:20)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。