2018年01月31日

長尺の罪と罰



「日輪の遺産」
11年作品。原作は浅田次郎氏。もちろん読んでません(キッパリ)。ラスト、おばあちゃんが見てる勤労動員の少女達の幻が、麻生久美子さん夫婦にも見えてるなんて演出、そりゃアカンやん。てな具合で、ラストに限らず、この夫婦の出演シーンでけっこうダルくなるのがつらいっす(笑)それが原因でもないけど、全体的に「う〜ん」な仕上がりなのです。とにかく長い。160分です。長く頑張ったわりに画面から緊迫感や悲壮感やなんやかやが伝わらず。ええとこなしなんです。そしてミッキー・カーチスさんになぜだか幕末のアーネスト・サトウのイメージがダブったのでした。(150919)



大日輪宝(だいにちりんぽう)Tシャツ


同じカテゴリー(映画備忘録)の記事画像
まさかのディラン!
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
買ってて良かった「13デイズ」
同じカテゴリー(映画備忘録)の記事
 時に辛抱も大事っす。 (2018-08-13 01:23)
 日常のギャップを楽しむ (2018-08-12 01:41)
 そこまで伏線張りますか。 (2018-08-11 08:56)
 画面に釘付け。 (2018-08-10 16:29)
 麻生さんと川栄さん (2018-08-09 17:45)
 アイデアとカリスマ (2018-08-08 14:49)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。