2018年01月30日

大学内の描写とか町の風景とか飲み屋とかファッションとか



「天安門、恋人たち」
楽天ブックスの解説(パッケージ解説かも)から引用すると、「田舎町から北京の有名大学に進学した女子大生ユー。彼女の知的さと奔放さは男子学生の注目を集める。そして一人の男子学生チョウと付き合うようになり、狂おしく愛し合うようになる。しかし彼等も例外なく、学生から始まった民主化運動という時代の嵐に巻き込まれていく。そして1989年6月に起こった天安門事件。その事件を境に離ればなれになる2人。チョウはベルリンに脱出し、ユーは国内を流浪し、いくつかの仕事といく人かの男性と付き合った。しかし、いくら月日が流れても2人はお互いを忘れることはできないでいた。果たして2人は再会できるのだろうか?」という映画ですけど。06年のフランス制作の中国人映画です。で、過激な性描写により中国で上映禁止になったとかとか。別に過激じゃないっすけどね。なんだか懐かしい匂いがした映画です。日本の60年安保とか70年安保とか、あの頃の大学進学率は何パーだったのでせう?70年代でも50%いってないでしょ〜。中国で天安門事件のころの進学率たるやどんなもんなんか。めっちゃ少ないでしょ?それにしても、天安門事件を学生の視点でとらえてとか解説しながらいっこもとらえてないし〜(笑)っちゅーか天安門事件なんかこの映画であんまり重要な位置を占めとらんがな〜。それはともかく、1984年頃から2000年頃までのひとりの中国人女性の青春と時代背景を体験するには良い作品かも。大学内の描写とか町の風景とか飲み屋とかファッションとか、そっち方面にけっこう「ほぉ〜」とか興味をひかれたりします♪(100124)



お取り寄せグルメ 横浜 中華街 聘珍樓【冷凍】賞味期限1ヶ月


同じカテゴリー(映画備忘録)の記事画像
まさかのディラン!
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
買ってて良かった「13デイズ」
同じカテゴリー(映画備忘録)の記事
 時に辛抱も大事っす。 (2018-08-13 01:23)
 日常のギャップを楽しむ (2018-08-12 01:41)
 そこまで伏線張りますか。 (2018-08-11 08:56)
 画面に釘付け。 (2018-08-10 16:29)
 麻生さんと川栄さん (2018-08-09 17:45)
 アイデアとカリスマ (2018-08-08 14:49)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。