2018年01月27日

僕が苦手な裏方たちだった(笑)



「大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇」
はなからこれはつまんなさげだと予感はしたけどレビューで最初我慢したら面白くなるとかあったんで見たけどやっぱりつまらんかった。役者はけっこう豪華なのにもったいない限り。だって発想も出てくるエピソードもどれもこれもおもろないねんもん。さらに最初から最後まで夫婦目線で、展開が単調でメリハリもハラハラもドキワクもない。タランティーノ魂を学んでほし〜♪ウィキしてみたら原作・脚本の人も監督さんも僕が苦手な人たちだった(笑)これはアカンわ〜。ちなみに橋本愛さんが醸す空気感はなにげに良かった(笑)荒川良々さんは終始困ってるみたい(演技するのがね)に思えた(笑)あっ、二人ともあまちゃんに出てるやん、しかもあまちゃんではめっちゃええ感じ♪(130925)



スーツケースバンク貯金箱


同じカテゴリー(映画備忘録)の記事画像
まさかのディラン!
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
買ってて良かった「13デイズ」
同じカテゴリー(映画備忘録)の記事
 時に辛抱も大事っす。 (2018-08-13 01:23)
 日常のギャップを楽しむ (2018-08-12 01:41)
 そこまで伏線張りますか。 (2018-08-11 08:56)
 画面に釘付け。 (2018-08-10 16:29)
 麻生さんと川栄さん (2018-08-09 17:45)
 アイデアとカリスマ (2018-08-08 14:49)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。