2018年01月23日

ちなみに原作者の松岡圭祐氏は苦手です。



「万能鑑定士Q-モナ・リザの瞳ー」
ものすご〜く出来の悪い、プチ贅沢な2時間ドラマってな感じでした。映画じゃないです。どーせなら、ポピュラーな名画のしょっぱい仕掛けの繰り返しじゃなくめっちゃ斬新なものの鑑定に挑んでほしかったけど、それはムリだな。しかし、後半の謎解きのためだけに同じことを繰り返すことに前半を費やすなんて、なんて怠慢。ちなみに原作者の松岡圭祐氏はやっぱ苦手だった。今や推理ものでお約束のホームズばりの推理も、なんだかな〜です(呆)綾瀬さん、もったいない(合掌)(150109)



編み物をするモナリザ


シャーロックホームズベア■グリーンハーマン社 限定テディベア


同じカテゴリー(映画備忘録)の記事画像
まさかのディラン!
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
買ってて良かった「13デイズ」
同じカテゴリー(映画備忘録)の記事
 ラストに収束するキュートな伏線 (2018-09-21 00:01)
 エロと食い物はアカン (2018-09-17 16:40)
 大政奉還とええじゃないかとくれば (2018-09-10 00:20)
 てんこ盛りでお腹いっぱい! (2018-09-08 00:36)
 なんすか、コレ。 (2018-09-06 16:00)
 パーマおばちゃんみたいやし。 (2018-09-03 00:06)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。