2018年01月21日

BB弾、炸裂せず。



「月夜の宝石」
58年イタリア映画ロジェ・ヴァディム監督作品。冒頭にナレーションで「警察に追われる者をかつて月夜の宝石と呼んだ」とか言うからちょっとワクワクしたのに、スリリングな愛欲と緊迫したストーリーのはずなのに、モタモタした演出とユルユルのエピソードと、B.Bのサービスショットが微妙にチグハグでナンジャラホイの映画でした。そんな展開なのにラストはお約束のドラマチックな結末に収めようとするんで、がっくりっす。良かったのはスペインの情景と街並くらいっすかねぇ。(150705)



三日月型抱き枕


同じカテゴリー(映画)の記事画像
まさかのディラン!
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
マカロニとメカニック「拳銃(コルト)は俺のパスポート」
同じカテゴリー(映画)の記事
 残された指紋の謎が解ける。 (2018-02-24 00:15)
 褒め言葉のお気軽アドベンチャ〜 (2018-02-23 00:21)
 もうちょっと感が出来不出来にでかいんすよね。 (2018-02-22 00:16)
 リリーを探せ。 (2018-02-21 00:17)
 晴明も同じことをしてた。 (2018-02-20 00:17)
 沁みる。 (2018-02-19 00:13)

Posted by らぼまる at 00:30│Comments(0)映画
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。