2018年01月20日

佐原健二さん、髪の毛が多過ぎ



「空の大怪獣ラドン」
56年東宝。本多猪四郎監督、円谷英二特技監督、村田武雄脚本作品。冒頭の会話で地球温暖化が話題。60年前から現代までひきずるって、果たして温暖化は心配性の妄想なのか、まじヤバイのか、どっち?映像としては、炭鉱内から這い出た古代トンボの幼虫メガヌロンが村の路地を這い回る姿を俯瞰で撮ったシーンが新鮮でお気に入り!ぜひ見てほしい。あとはラドンですが、自衛隊との空中戦はともかく、福岡市内が破壊されるシーンはめちゃリアル。仲畑さんの広告で知ったデパート岩田屋もこの頃からあったんですね。吉田拓郎さんの海の中道コンサートの帰りに寄りました。で、ラドンは阿蘇の噴火とともになかなか凄絶な最期を遂げるのでした。このシーンもなんだか沁みます。そして、セリフの中で繰り返される電子計算機(コンピュータ)という言葉が印象的で、言葉通り、最先端のコンピュータを駆使してラドンに立ち向かう姿が新鮮です。しかし、佐原健二さん、髪の毛が多過ぎ、とくに頭頂部!(170129)



ラドン治療で有名な温泉保養地のバドガシュタイン鉱石含有 バドガテープ


同じカテゴリー(映画備忘録)の記事画像
まさかのディラン!
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
買ってて良かった「13デイズ」
同じカテゴリー(映画備忘録)の記事
 蘇る花火戦争 (2018-10-23 15:36)
 ツカミはOK。 (2018-10-18 14:20)
 エンドロール三度見びっくり (2018-10-17 14:59)
 アメリカンスタンダード? (2018-10-15 15:41)
 自分は誰だろう。 (2018-10-13 17:33)
 あ、そこからの仕掛けかぁ。 (2018-10-12 15:10)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。