2018年01月14日

あなたもモンブランの万年筆が欲しくなる



「真木栗ノ穴」
西島秀俊さん、いい役者です。僕は「さよならみどりちゃん」を観たあたりからこの人の見方が変わりました。ホンマに役者やの〜〜!っちゅーことです。で、この作品、官能小説を書くことになった小説家の身におこるエロチックホラーな話なわけですが、途中からホントのところはどういう意味かよ〜わかってないと思われ。いや、観てたんやけど、首をかしげるところありありで。ラストのオチまで、わかってる人はたぶんいると思われるので、そうならば、僕はわかってないということになるわけで。ま、それはそれで(笑)しかし、この日から観る映画がまさかキムラ緑子さんまみれになるとはこの時は思ってもないわけで。それこそがまさしくホラー(笑)いや、キムラ緑子さんのいぶし銀の実力ですな〜。んで、西島秀俊さん扮する小説家・真木栗の愛用してる重厚なモンブランの万年筆がめっちゃ書きやすそうで、僕も久しぶりに万年筆が欲しくなったのです。(091110)



スイートポテトで作った絶品モンブラン


銀座モンブラン


同じカテゴリー(映画備忘録)の記事画像
まさかのディラン!
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
買ってて良かった「13デイズ」
同じカテゴリー(映画備忘録)の記事
 意味深のようで実は半端で自己中 (2018-12-18 16:29)
 ええ、そうでしょうとも。 (2018-12-12 23:38)
 始まりはモトクロスでラストはシェーン (2018-12-11 16:33)
 10余年はやはり昔であった。 (2018-12-07 15:43)
 まさかまさかのラストにゾクゾクゾワゾワ。 (2018-11-27 16:06)
 マルコム・マクダウェルだ〜! (2018-11-18 15:20)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。