2018年01月13日

こだわりの空回りもミステリー。



「バイオレンスブルー」
つかみはOKで、まぁ面白かったけど、ストーリーに厚みはなくて、カメラは凝ってるっぽい(方向は間違ってますけど)のに、展開はけっこうトントン拍子のご都合主義的ミステリー。クライマックスの息子のあ〜勘違いの悲劇もなんだかなぁ〜です。暇つぶしにはいいっすけど、なにも残らずです、ハイ。(170320)



頭のよくなるゲーム アルゴ<学研>知育玩具


同じカテゴリー(映画備忘録)の記事画像
まさかのディラン!
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
買ってて良かった「13デイズ」
同じカテゴリー(映画備忘録)の記事
 意味深のようで実は半端で自己中 (2018-12-18 16:29)
 ええ、そうでしょうとも。 (2018-12-12 23:38)
 始まりはモトクロスでラストはシェーン (2018-12-11 16:33)
 10余年はやはり昔であった。 (2018-12-07 15:43)
 まさかまさかのラストにゾクゾクゾワゾワ。 (2018-11-27 16:06)
 マルコム・マクダウェルだ〜! (2018-11-18 15:20)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。