2018年01月13日

こだわりの空回りもミステリー。



「バイオレンスブルー」
つかみはOKで、まぁ面白かったけど、ストーリーに厚みはなくて、カメラは凝ってるっぽい(方向は間違ってますけど)のに、展開はけっこうトントン拍子のご都合主義的ミステリー。クライマックスの息子のあ〜勘違いの悲劇もなんだかなぁ〜です。暇つぶしにはいいっすけど、なにも残らずです、ハイ。(170320)



頭のよくなるゲーム アルゴ<学研>知育玩具


同じカテゴリー(映画)の記事画像
まさかのディラン!
涙でいいの
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
同じカテゴリー(映画)の記事
 面白かったのはタイトルだけ (2018-01-16 00:01)
 風呂敷はひろがったままで結局は (2018-01-15 00:32)
 あなたもモンブランの万年筆が欲しくなる (2018-01-14 00:11)
 西堀栄三郎さんは面白かった。 (2018-01-12 00:16)
 犬の映画ではないんです (2018-01-11 00:14)
 あの佐原健二も活躍の場なし! (2018-01-10 00:13)

Posted by らぼまる at 00:18│Comments(0)映画
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。