2018年01月12日

西堀栄三郎さんは面白かった。



「南極料理人」
えええええ〜、なんやこの映画!こんなんどこがオモロイの、なにを感じるの?1秒たりともおもんない、1ミリたりとも心動かん。それは演出に責任があると思うねんけどね。ま、こんなん好きな人もいるんでしょうけどボクはまったくダメっす、ダメダメっす。本を読んで想像するだけで充分ちゃうの?それかドキュメント映像が欲しいっすよね。ちなみに30年も昔に読んだ西堀栄三郎さんの本「石橋を叩けば渡れない」は面白かったです。(120220)



南極観測船「しらせ」南極人Tシャツ


3Dポチフレンズ ペンギン 防水シリコンコインケース


同じカテゴリー(映画)の記事画像
まさかのディラン!
涙でいいの
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
同じカテゴリー(映画)の記事
 面白かったのはタイトルだけ (2018-01-16 00:01)
 風呂敷はひろがったままで結局は (2018-01-15 00:32)
 あなたもモンブランの万年筆が欲しくなる (2018-01-14 00:11)
 こだわりの空回りもミステリー。 (2018-01-13 00:18)
 犬の映画ではないんです (2018-01-11 00:14)
 あの佐原健二も活躍の場なし! (2018-01-10 00:13)

Posted by らぼまる at 00:16│Comments(0)映画
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。