2018年01月11日

犬の映画ではないんです



「ドッグレース」
01年オーストラリア、アルキノス・チルミドス監督作品。タイトルとパッケージの写真に騙されて、すっかりグレイハウンドのドッグレースで人生を一発逆転するオヤジたちと犬とのストーリーかと思いきや、これが飲んだくれのうだつの上がらんオッサンふたりのどこまでもうだつの上がらん話やった〜。で、グレイハウンドなんてちょっとしかでてけーへんしね。ほとんどがオッサンふたりが出ずっぱりで喋ってる映画。ま、出来は良くないけど(演出とか編集とかがね)、雰囲気は嫌いじゃない。しかし、犬の映画ではないんで、まんまと騙されて借りないよーにね。しかし、グレイハウンド、かっちょええ〜。シーズー好きの我が家には似合いませんけど。(041229)



頼れる番犬グレイハウンド /ガーデンマスコット


同じカテゴリー(映画)の記事画像
まさかのディラン!
涙でいいの
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
同じカテゴリー(映画)の記事
 面白かったのはタイトルだけ (2018-01-16 00:01)
 風呂敷はひろがったままで結局は (2018-01-15 00:32)
 あなたもモンブランの万年筆が欲しくなる (2018-01-14 00:11)
 こだわりの空回りもミステリー。 (2018-01-13 00:18)
 西堀栄三郎さんは面白かった。 (2018-01-12 00:16)
 あの佐原健二も活躍の場なし! (2018-01-10 00:13)

Posted by らぼまる at 00:14│Comments(0)映画
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。