2018年01月02日

本物のフランダース犬を見るだけでも価値あり



「フランダースの犬」
ケビン・ブロディ監督、ジョン・ボイト。本物のフランダース犬を使った実写版の映画です。95分程度。子供対象の映画かと思ったら(ま、そーなんすけど)、これが意外と大人でも観られるよくできた内容でした。フランダースの犬をちゃんと読んだことも見た(アニメでもね)こともなかった僕は、初めて物語の内容をしりました。あ〜、こんな話やったんや〜。でも、パトラッシュ、アニメとイメージ違うなぁ。って、もともと、フランダース犬は使役犬(労働犬)やったらしい。映画のフランダース犬は真っ黒で大きくて可愛いっすよ。まるで、スタンダードプードルの毛をボサボサにしたみたいな犬です。ラスト5分くらいは「なんだかな〜」っすが、フランダース犬を観るだけでも一見の価値あり。でも、ネロって死なんでもよかったんとちゃうのかなぁ、あの話だと。ちなみに、母国ベルギーでは「フランダースの犬」の話は有名じゃないみたいっす。(031116)



イーペルの猫祭り ベルギーチョコレートグラシエ(アイス職人) 


同じカテゴリー(映画備忘録)の記事画像
まさかのディラン!
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
買ってて良かった「13デイズ」
同じカテゴリー(映画備忘録)の記事
 ええ、そうでしょうとも。 (2018-12-12 23:38)
 始まりはモトクロスでラストはシェーン (2018-12-11 16:33)
 10余年はやはり昔であった。 (2018-12-07 15:43)
 まさかまさかのラストにゾクゾクゾワゾワ。 (2018-11-27 16:06)
 マルコム・マクダウェルだ〜! (2018-11-18 15:20)
 変態三重奏 (2018-11-17 14:56)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。