2017年12月13日

この時期の15年って案外と激動だったんだな〜ってことですか



「ハサミ男」
02年に原作を読んでいて、その感想を見返すと、宮部みゆき氏の「理由」を読んだあとのせいか、人物描写の薄っぺらさもお笑いもんだぜ。ベタホメの解説者によれば「覆面作家」らしいが、恥ずかしいので覆面してるのかと思ってしまいましたなどとこき下ろしていた。その小説を池田敏春監督が04年に豊川悦司さん、麻生久美子さん主演で撮った作品で、久しすぎるほど見損なってた。設定は異なるとは聞いてたけど。しかし、17年に見たわけっすから、その感想は「う〜ん」なんですなぁ。これがリアルタイムならどうだったかなんてわかれへんし。いろいろと変わり過ぎて、この時期の15年って案外と激動だったんだな〜ってことですか。(171201)



ハサミTシャツメンズ

ハサミTシャツレディス

ハサミTシャツ家紋


同じカテゴリー(映画)の記事画像
まさかのディラン!
涙でいいの
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
同じカテゴリー(映画)の記事
 面白かったのはタイトルだけ (2018-01-16 00:01)
 風呂敷はひろがったままで結局は (2018-01-15 00:32)
 あなたもモンブランの万年筆が欲しくなる (2018-01-14 00:11)
 こだわりの空回りもミステリー。 (2018-01-13 00:18)
 西堀栄三郎さんは面白かった。 (2018-01-12 00:16)
 犬の映画ではないんです (2018-01-11 00:14)

Posted by らぼまる at 00:44│Comments(0)映画
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。