2017年11月10日

ビューティフル




08年オーストラリア。ミステリーの雰囲気は嫌いやないけど、肝心の謎解きがね。ラストのモノローグでアッとビックリ的に語られるわけですが、事実なのか妄想なのか盲信なのか、キモのところがイマイチなんのことやらピンとこず、映画はドヤ顔でニンマリと終わるけど、いやいや見てるこっちはモヤモヤ〜としてまっせみたいな。しかし、盗撮チックなカメラマニアの少年、時代はまだフィルムなんで家で現像もして、費用が大変だ〜とか余計なことを心配してしまう映画でした。(171106)



二眼レフカメラ Tシャツ


iPhone8 カメラ型 ケース ブラック ホワイト ピンク


同じカテゴリー(映画)の記事画像
まさかのディラン!
涙でいいの
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
同じカテゴリー(映画)の記事
 語れば長くなるので、良かったで済ませたい。 (2017-12-15 00:50)
 恋愛イジイジ系コメディやったりして (2017-12-14 00:26)
 この時期の15年って案外と激動だったんだな〜ってことですか (2017-12-13 00:44)
 靴磨きしてる靴がスニーカーというオープニングから (2017-12-12 00:46)
 オーディオコメンタリーもぜひぜひ。 (2017-12-11 00:54)
 しかし、続編をつくるつもりなのか? (2017-12-10 00:33)

Posted by らぼまる at 00:44│Comments(0)映画
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。