2017年06月10日

「ら」だもの164

棚をあげよう

棚をあげよう
選ばれし君に

棚をあげよう、選ばれし君に。分厚くて奥行きのある立派な棚を。その奥の奥の、薄暗くて湿った隅っこに、そっと置いておくといいさ、ホントの自分を、イマの自分を。裏に隠した傲岸不遜の自分がチラチラと表に出てくる時は、棚の奥に戻ってこいという警鐘だよ。見つめ直す自分も今は思い出せないほど遠い昔かもしれないけれど、ずいぶんと汚れてしまった矜持を枕にオヤスミナサイ。いつかはきっとやってくる、棚卸しの日がくるまで。(170609)



同じカテゴリー(「ら」だもの)の記事画像
「ら」だもの170
「ら」だもの169
「ら」だもの168
「ら」だもの167
「ら」だもの166
「ら」だもの165
同じカテゴリー(「ら」だもの)の記事
 「ら」だもの170 (2018-11-07 23:51)
 「ら」だもの169 (2018-08-27 16:16)
 「ら」だもの168 (2018-07-22 15:55)
 「ら」だもの167 (2018-07-13 15:27)
 「ら」だもの166 (2018-06-19 00:34)
 「ら」だもの165 (2018-01-23 00:32)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。