2017年02月21日

ゲゾラ・ガニメ・カメーバ 決戦!南海の大怪獣



70年東宝。本多猪四郎監督作品。ウィキによると特技監督の円谷英二氏が死去してから公開された初めての東宝の特撮作品だそうな。最初に出てくるゲゾーラが、おとぼけ可愛い顔でイカなのに直立歩行するもんで思わず笑ってしまいました。なんかね、俳優さんも久保明さんはじめ地味で華がない。佐原健二さんもイマイチですなぁ、ここでは。ストーリーも見せ場もイマニもイマサンも盛り上がりに欠けるし。横目で海外を意識した輸出ありきの作品なんすかね?なんだか、子供も大人も楽しめんハンパな映画なのでした。(170219)



同じカテゴリー(映画)の記事画像
まさかのディラン!
涙でいいの
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
同じカテゴリー(映画)の記事
 面白かったのはタイトルだけ (2018-01-16 00:01)
 風呂敷はひろがったままで結局は (2018-01-15 00:32)
 あなたもモンブランの万年筆が欲しくなる (2018-01-14 00:11)
 こだわりの空回りもミステリー。 (2018-01-13 00:18)
 西堀栄三郎さんは面白かった。 (2018-01-12 00:16)
 犬の映画ではないんです (2018-01-11 00:14)

Posted by らぼまる at 17:29│Comments(0)映画
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。