2017年02月03日

宇宙大怪獣ギララ


67年松竹。二本松嘉瑞監督作品。どうも松竹は特撮や怪獣とは体質が噛み合なかったみたい。ハンサム岡田英二さんはやっぱ東宝志村喬さんみたいにはハマれなかったかぁ。にしても、オープニングとエンディングの歌にもびっくり。そして謎のUFOの妨害のナゾも宇宙大怪獣ギララのナゾも解明されず、これはいかがなものかの脚本。しかし、アストロ・ボートAABγ号はネーミングはともかくかっこ良かったです。で、月ステーションに檜風呂があるのには笑った。(170202)



アトミック アストロボート



同じカテゴリー(映画)の記事画像
まさかのディラン!
涙でいいの
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
同じカテゴリー(映画)の記事
 面白かったのはタイトルだけ (2018-01-16 00:01)
 風呂敷はひろがったままで結局は (2018-01-15 00:32)
 あなたもモンブランの万年筆が欲しくなる (2018-01-14 00:11)
 こだわりの空回りもミステリー。 (2018-01-13 00:18)
 西堀栄三郎さんは面白かった。 (2018-01-12 00:16)
 犬の映画ではないんです (2018-01-11 00:14)

Posted by らぼまる at 17:30│Comments(0)映画
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。