2017年01月29日

大怪獣バラン


58年東宝。本多猪四郎監督、円谷英二特技監督、関沢新一脚本作品。初登場シーンはトカゲのごとく四足歩行だったのが次にはゴジラのごとく二足歩行になり、さらにムササビのように四足を広げて飛膜で滑空するにあたって展開が面白くなってきた。と思ったら、飛ぶシーンはこれ一回きりでナンジャラホイなのでした。東北から東京に移動するためだけに飛んだだけって(笑)しかし、兄が現地で怪死してるのに、その後に取材に入る記者の妹はイキイキ元気いっぱいって(笑)ストーリー展開も演出もけっこう雑で緊張感も人物描写もイマイチでした。そういえば、冒頭、細い山道みたいに思えたところに戦車がガンガン走行していくのもご都合主義のような。(170126)



東宝30cmシリーズ バラン (PVC製塗装済み完成品 一部組み立て式) エクスプラス



同じカテゴリー(映画)の記事画像
まさかのディラン!
涙でいいの
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
同じカテゴリー(映画)の記事
 恋愛イジイジ系コメディやったりして (2017-12-14 00:26)
 この時期の15年って案外と激動だったんだな〜ってことですか (2017-12-13 00:44)
 靴磨きしてる靴がスニーカーというオープニングから (2017-12-12 00:46)
 オーディオコメンタリーもぜひぜひ。 (2017-12-11 00:54)
 しかし、続編をつくるつもりなのか? (2017-12-10 00:33)
 前半までは面白かった (2017-12-09 00:15)

Posted by らぼまる at 17:02│Comments(0)映画
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。