2017年01月25日

地球防衛軍


57年東宝映画。本多猪四郎監督、円谷英二特技監督、木村武脚本。終盤、クライマックス、地底ロボット・モゲラが地中からまさに出てこようと顔を見せた瞬間、ミステリアンドームを攻撃するために設置した兵器マーカライトファープが倒れてパラボラが頭にドンッ、再び埋まるロボットのワンショットには笑った。そして、やっぱりこの映画にも警察とかに左ハンドルの車もあるんだな〜、この時代。ジープタイプだから輸入車でしょうか。(170122)



宇宙人「ミステリアン」ミニフィギュア付! 海洋堂 モゲラ



同じカテゴリー(映画)の記事画像
まさかのディラン!
涙でいいの
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
同じカテゴリー(映画)の記事
 面白かったのはタイトルだけ (2018-01-16 00:01)
 風呂敷はひろがったままで結局は (2018-01-15 00:32)
 あなたもモンブランの万年筆が欲しくなる (2018-01-14 00:11)
 こだわりの空回りもミステリー。 (2018-01-13 00:18)
 西堀栄三郎さんは面白かった。 (2018-01-12 00:16)
 犬の映画ではないんです (2018-01-11 00:14)

Posted by らぼまる at 16:52│Comments(0)映画
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。