2017年01月23日

美女と液体人間



58年東宝。本多猪四郎監督、円谷英二特技監督作品。この頃の映画って後のテレビドラマ「怪奇大作戦」「ウルトラQ」の原点みたいな作品。佐原健二さんもこの頃から活躍されてたんですなぁ。お話はなかなかアダルトで白川由美さんが艶っぽく美しい。この頃はハリウッドにもヨーロッパにも憧れとする女優がいたからかな。現代はそんな人もいなくなったかも。それだけ日本も進んだ証か?否か?にしても、核実験の死の灰ネタは使い勝手がいいっす。(170121)



海洋堂 怪奇大作戦 トータス号



同じカテゴリー(映画)の記事画像
まさかのディラン!
涙でいいの
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
同じカテゴリー(映画)の記事
 面白かったのはタイトルだけ (2018-01-16 00:01)
 風呂敷はひろがったままで結局は (2018-01-15 00:32)
 あなたもモンブランの万年筆が欲しくなる (2018-01-14 00:11)
 こだわりの空回りもミステリー。 (2018-01-13 00:18)
 西堀栄三郎さんは面白かった。 (2018-01-12 00:16)
 犬の映画ではないんです (2018-01-11 00:14)

Posted by らぼまる at 15:52│Comments(0)映画
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。