2017年01月21日

ホーンテッド・キャンパス



合格発表で受験生が自殺するオープニングのつかみはOKなのに、それからが誰が何がどうイカんのか、役者誰一人の良さも特質も出せず、ありきたりのオカルト風味アイドル青春学園ドラマになっちゃったのは仕方がないことなのか、かわいそうなことなのか。原作はもっと緻密で恐くて面白いのか?島崎さん、演技は上手いのか持ちネタのパターンなのか、この作品ではまだ謎だ〜(笑)(170119)



同じカテゴリー(映画)の記事画像
まさかのディラン!
涙でいいの
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
同じカテゴリー(映画)の記事
 面白かったのはタイトルだけ (2018-01-16 00:01)
 風呂敷はひろがったままで結局は (2018-01-15 00:32)
 あなたもモンブランの万年筆が欲しくなる (2018-01-14 00:11)
 こだわりの空回りもミステリー。 (2018-01-13 00:18)
 西堀栄三郎さんは面白かった。 (2018-01-12 00:16)
 犬の映画ではないんです (2018-01-11 00:14)

Posted by らぼまる at 17:28│Comments(0)映画
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。