2017年01月15日

シャークトパス



ウィキによると10年放映の米テレビ映画らしい。89分。頭がサメでお尻がタコという生物兵器。なぜにサメとタコという疑問は置いといて容姿を見た感じはなかなか面白い。でも、お話はいつもながらのひな形でつまりません。が、そのつまらん加減が心に余裕のある時は面白いんすけど。でも、ヒロインの女優さんが角度によって綾瀬はるかさんに似てたような。そんで、カメラマンの腕に刻まれたタトゥの模様がけっこういい加減なのが笑える。しかし、アメリカ人ってどんだけサメが好きやねん(笑)(170114)



同じカテゴリー(映画)の記事画像
まさかのディラン!
涙でいいの
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
同じカテゴリー(映画)の記事
 面白かったのはタイトルだけ (2018-01-16 00:01)
 風呂敷はひろがったままで結局は (2018-01-15 00:32)
 あなたもモンブランの万年筆が欲しくなる (2018-01-14 00:11)
 こだわりの空回りもミステリー。 (2018-01-13 00:18)
 西堀栄三郎さんは面白かった。 (2018-01-12 00:16)
 犬の映画ではないんです (2018-01-11 00:14)

Posted by らぼまる at 01:00│Comments(0)映画
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。